かかりつけ歯科医

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

 当院は厚生労働省より、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の「施設基準を満たした歯科に認定」されました。

全国の歯科医院67,614医院のうち
認定医院は11,795医院のみ
(令和4年)

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは?

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは?

 かかりつけ医とは、病気になったとき、真っ先に相談できる地域の歯医者のことです。厚生労働省が新たに定めた、むし歯や歯周病の重症化を予防するための制度です。歯科疾患の管理が必要な患者様1人1人に「安心・安全な治療を提供できること、お口の定期検診でむし歯歯周病などの予防を図り、患者様の健康に貢献できる歯科医院である」と国に認められた歯科医院が認定されます。

 具体的には、医院での診察だけではなく、お家にお伺いしての訪問治療やAEDなどの高度器材の導入などの厳しい審査を突破しての認定です。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準

認定を受けるためには、以下のような厳しい基準を通過しなくてはなりません。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準、歯科診療所である

歯科診療所であること

、
複数の歯科医師、又は1人以上の歯科衛生士が常勤している

複数の歯科医師、又は1人以上の歯科衛生士が常勤していること

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準、医療安全対策、高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けた歯科医師が常勤している

医療安全対策、高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けた歯科医師が常勤していること

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準、定期アフターケアなど、定期的にお口の状態の説明をしている

歯科訪問診療(往診)、かぶせの管理、歯周病治療を終了した方への定期アフターケアなど、定期的にお口の状態の説明をしていること

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準、医療安全対策の整備

医療安全対策にあたり必要な体制・緊急時の対応を行うにあたり必要な体制が整備されていること

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準、地域の医療、介護と連携体制が取れている

地域の医療、介護と連携体制が取れていること

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準、医療機器の滅菌処理を徹底している

医療機器の滅菌処理を徹底していること

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の主な施設基準、禁煙である

禁煙であること

 当院もその方針を遵守し、患者様の健康維持に貢献できるよう、より積極的に取り組んでまいります。そのため、患者様の来院回数や費用が従来から変動する場合がございます。ご理解・ご協力の程、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

かかりつけ歯科医で受診するメリット

待ち時間が比較的短く、受診の手続きも簡単で気軽に診療してもらえる

入院・検査など必要に応じて適切な病院(診療科)を紹介してもらえる

家族の病歴、健康状態を把握しているので、初期の応急対応ができる

医療機関との連携が取れている

日常の食事面・健康管理のアドバイスをしてもらえる

 当院では、これからもより一層皆様のかかりつけ歯科医として、皆様のお口の中のサポーターとしてより一層努力して参ります。よろしくおねがいします。