愛知県岡崎市元欠町1丁目12-1

かけまちコミュニティー歯科

0564-73-1881

歯科にまつわる栄養のエトセトラ

糖質について

糖尿病を歯科から治そう③

血糖値が急激に高くなると、身体はどのように反応するでしょうか?

血糖値は高くなりすぎると、様々なタンパク質が糖化を起こすので、血糖値を急いで下げようとして、通常よりも過剰にインスリンを分泌します。

これにより、今度は急激に血糖値が低下し出します。

ここで注目すべきなのは、インスリン分泌も時間差で起こるので、最大血糖値が下がり始めた頃にインスリン分泌量がピークを迎えるのです。

結果として、血糖値が下がりすぎてしまいます。

これを低血糖といい、大体食後3〜4時間頃にこの低血糖状態を迎えます。

昼食を食べた後、ちょうど夕方4時頃に低血糖になる方が多くいらっしゃいます。

ご飯を食べた後、眠たくなることはありませんか?

夕方4時頃、ソワソワしたり、無性に甘いものを食べたくなったり、手が震え出したり、頭痛がしたり、ということはありませんか?

これは、実を低血糖を起こしていることが原因である可能性が高いです。

このような食後高血糖からの低血糖、血糖値がジェットコースターのように乱高下することが、実は様々な症状を起こす引き金になってます。

 

低血糖状態というのは、我々生物としては飢餓状態と同じなので、生きるか死ぬかの危険な状態であると、遺伝子レベルでプログラムされています。

ですので身体は様々なフィードバック機構でもって、とにかく血糖値をあげようとします。

代表的なものがアドレナリンの分泌です。

アドレナリンの作用は、ご存知の通り興奮系の自律神経を刺激するものです。スポーツの試合や戦闘状態の時に多く出ます。

結果として、些細なことでイライラしたり落ち着かなかったりという神経症状が出るというわけです。

また、血圧も上がりますから、頭痛がしたり不定愁訴の原因にもなります。

 

実は健康診断での糖尿病の判定基準の「空腹時血糖」と「HbA1c」では、この血糖値スパイクの有無は拾えません。

空腹時血糖は糖尿病が進行した状態でないと異常値まで上がってきませんし、HbA1cは過去120日の血糖値の平均値を出すものですので、食後高血糖がある場合、低血糖も起こっていますので平均すると基準値内に収まってきます。

 

そして興味深いことに、糖尿病の有無にかかわらず、血糖値スパイクがある人は、ない人よりも血管系の悪いイベント(脳出血や梗塞など)が起こる確率が高くなるという報告があります。

つまり、糖尿病があってもスパイクがない人は、糖尿病ではなくてスパイクがある人より、脳梗塞などのリスクが低いということです。

 

それほど、この血糖値の急激な変化は我々の身体に良くないダメージを与えているということになります。

 

そのような血糖値スパイクがある、ということは取りも直さず、相当量の糖質が口を通して体内に入っているというわけなので、むし歯リスクも当然高くなります。

 

むし歯の穴は見えるので気が付きますが、血管の穴は見えないので気が付きません。

むし歯は身体中の血管ダメージの鏡写しです。

むし歯はあるけど身体は健康、なんていう人はいません。

ぜひ口と全身の繋がりを意識していただき、今日の食事から少しずつでもいいので見直してみませんか?

2022.04.14
糖質について

糖尿病を歯科から治そう②

糖尿病を歯科から治そう

 

前回「血糖値スパイク」という単語を出しました。

血糖値スパイクに触れる前に、糖尿病の概要についてお話しします。

糖尿病というのは、血糖値が高い状態で長い時間続いてしまう病態を指します。

ずっと血糖値が高いと、おしっこまで甘くなることから名前がついてます。

糖尿病の人はおしっこだけではなく、実は血液、唾液、鼻水、膿まで甘いらいしいです。
つまり身体中の体液全てが、糖分を通常よりも多く含んだ状態になっていると言うことです。

ここでのポイントは、糖尿病自体が恐ろしいというより、糖尿病によって引き起こされる合併症が非常に望ましくない症状を呈する、と言うことです。

我々がアクティブに活動するためには一定の血糖値が必要です。
しかし使いきれないほどの余分な糖分が、長い時間血液の中に存在していると、その余っている糖分はあらゆるタンパク質とくっつき出します。

これを糖化(グリケーション)といいます。

糖分がくっついたタンパク質は、別物になってしまうので本来の働きができなくなります。

例えば糖尿病の指標であるHbA1cという数値があります。
ヘモグロビンというのは赤血球に含まれるタンパク質です。
このヘモグロビンに糖分(グルコース)がくっついてしまい、本来の酸素を運搬するという働きができなくなってしまった状態のものを計測したのがHbA1cです。

再三になりますが、我々の身体は全てタンパク質でできています。
つまり高血糖が続くと言うことは、身体中のありとあらゆる組織、細胞がグリケーションを起こすことになります。

それによって引き起こされる糖尿病の合併症の代表が

網膜症
腎症
神経障害
そして歯周病

ということなのですが、皆様お気づきでしょうか?

目の網膜も、腎臓も、歯茎も、毛細血管が非常に多く集まっている組織です。
血管の壁もタンパク質ですから、毛細血管からダメになっていってしまうんです。
血流が滞ると、栄養がいかなくなりますから、末梢の神経細胞も死んでしまい、神経障害が起こります。
歯茎の血流が悪くなると、歯を支える骨が死んで溶け出します。

ですので、我々の身体は高血糖が続かないように、血糖値が上がってくるとインスリンというホルモンを出して、グリコーゲンや中性脂肪という身体にダメージを与えない形に変えて細胞内に取り込むわけです。

さて、糖尿病について簡単に概要をお伝えしたところで、本題の血糖値スパイクに入っていきます。

我々は食べものを食べるとき、咬んで飲み込み、胃で消化され腸で吸収します。
吸収されたものは小腸の門脈を通り、肝臓で代謝され全身へ行き渡ります。

糖質を摂取すれば、吸収され血中へ入るので大なり小なり誰でも血糖値が上がります。
問題はその「量」と「スピード」です。
そこでポイントになってくるのが、『精製』された食品です。

身の回りには精製された食品がたくさんあります。

糖質においては白砂糖や白米、小麦粉などがその代表格です。

精製と言うのは前にも述べましたが、余分なもの取り除く過程です。

つまり、かなり高純度の糖質になります。

ゆえに吸収も良く、かつ速やかです。

急激に大量かつ高純度の糖質が吸収されると、肝臓で一度に処理できず、処理し切れなかった糖質はそのままダイレクトに血管内へ入って血糖値が急上昇します。

血糖値の変動グラフ上で、スパイク状に数値が上がることから「血糖値スパイク」と呼ばれます。
正式には「食後高血糖」と言います。

この血糖値スパイク、実は真の問題点は高血糖になる事ではなく、そのすぐ後にやってくる『低血糖』を引き起こすことなんです!

どういう事なのかはまた次回。

続く

2022.03.10
糖質について

糖尿病を歯科から治そう①

糖質について

糖尿病って、今ではすごくメジャーな病名です。

じゃあ糖尿病という疾患に対して、どんな病態で、治療法はこうで、どうなっていくのか?という質問に対して、簡潔にこうです!ということが示せる人って、そのメジャー度のわりに少ないと思います。

それだけ病態に幅があり、かつ個人差もあり、治療法にも歴史的な変遷があるから、一筋縄ではいきにくいことが複雑な理由なのですが、とりあえずはネットで調べれば簡単に出てきます。

しかしながらそれも種々雑多というか、玉石混合かつ膨大な情報量で、調べてみても

「で、結局なんなの?自分や身の回りの人にとってそれは本当に関係あるの?当てはまるの?」

ということに行き当たって、その時はわかった気がしても結局はなんだかよくわからいままで、まあ今は困ってないからいいか、で終わってませんか?

それは、無理もないことです。

困ってないと、誰でも自分ごととして捉えることは難しいです。

そもそも自分は糖尿病じゃないしね、って思ってませんか?

これを書いている私もそうです。

むしろ、私なんかはランニングも週に2回してるし、夜は少し糖質制限もしてます。

気をつけている方のつもりです。

もちろん血液検査でも糖尿病に引っかかったことありません。

糖尿病なんか、無縁であるという自負がありました。

これが実は、それはそれは大きな落とし穴なんです。

糖尿病の基準とイメージが、私みたいな根拠のない自信を持つ人間を増やしている原因の一つなのです。

糖尿病は、実はものすごくものすごく身近な病態で、かつその症状や弊害もとてもとてもありふれている(と感じてしまっている)ものです。

極端な事実を言いましょう。

予備知識なく、1日の食事で米、パン、麺類を1食でも食べることがある人、もしくは間食で甘いものを1度でも食べることがある人、全員に糖尿病の危険があります。

いや、言い直します。

全員に糖尿病でなくても、血糖値の大きな変動によって引き起こされる、望ましくない病気にかかる危険があります。

こう言っても過言ではありません。

誤解のない様に補足しますが、米やパンや麺を食べたからと言ってすぐに糖尿病になるわけではありませんし、甘いものを食べてはいけませんということを言っているわけではありませんからね。

ただ、私たちが当たり前に思って生活してきている食卓や生活習慣に、思いもよらない危険が潜んでいることは意識していただきたいです。

それが「血糖値スパイク」です。

続く

 

2022.03.05
糖質について

虫歯と身体の健康と糖質

虫歯と身体の健康と糖質

 
みなさんも「砂糖が虫歯の原因」と言うことはよく聞くと思いますし、特別違和感を抱かないと思います。

ただ今の虫歯が人類史上で大きく増加したタイミングが2回あります。

まず1回目は農耕が始まった弥生時代。

それまで人類は700万年もの間、狩猟採集によって生きていましたから、食べ物の大部分を穀物ではなく動物の肉や魚から賄っていました。

糖質が摂れることなんて、ほとんど無いくらいラッキーな事でした。

その頃の人類の化石には、現代のような虫歯は全くみられないんです。

農耕が始まった頃、約1万年前から虫歯が見つかり出します。

ただ、この頃の虫歯も今の虫歯と少し違って、歯の頭の「エナメル質」と言う部分は無傷で、歯の根の部分、エナメル質より柔らかい「象牙質」と言う部分に限局した虫歯です。

象牙質の方がコラーゲンを多く含んでおり、エナメル質より低い酸性度でも虫歯になりやすいです。

そして2回目に爆発的に虫歯が増えたのが18世紀頃の産業革命以降です。

この頃から精製された食品が世界的に流通し出します。

精製というのは、周りについている余分なモノを取り除く工程です。

これによって、精製された白米、小麦粉、砂糖など、白くて綺麗で美味しい食べ物が手に入るようになりました。

この精製された、要するに純度の高い糖質が、人体で最硬のエナメル質をも壊す現在の虫歯の原因なのです。

18世紀頃は、まだ一部の上流貴族だけが口にすることができたので、虫歯は「贅沢病」とか言われ、むしろ虫歯で穴が開くことがステイタスになってた時代です。

戦後、日本にも大量の精製食品が流入してきて虫歯の洪水になった時代がありました。
先にも述べました通り、我々の身体は700万年もの間、動物の肉を主食に生活してました。
たった1万年前から、穀物が主体の生活様式に変わり、糖質の摂取頻度が極端に増えました。
今の精製された食品が当たり前になったのなんて、人類史上で考えればごくごく最近のことなのです。

どのくらい最近かというと、700万年前を0時として1日(24時間)に換算しますと、穀物主体になった1万年前なんて23時20分くらいです。
産業革命の18世紀に至っては、23時59分43秒です。

我々のDNAは、穀物主体の生活様式にこんなに短期間で対応できるほど、早く進化はできません。

実は頻回に糖質を摂取している事自体、知らず知らずのうちに自分の体に負荷をかけていることになっています。

当院では一つの兆候として、それがたまたま「虫歯」という形で口の中の症状に出ているだけであると捉えています。

虫歯がある方は、かなりの確率で瞬間的、あるいは断続的な高血糖や低血糖があるということが予想されます。

これは一般的な健康診断や定期検診の項目では測り切れません。

その辺りをこれからの記事で詳しくご説明したいと思います。

2022.02.28
タンパク質について

タンパク質の必要量と、奥歯の重要性

タンパク質

これまでも述べてきましたとおり、栄養素において私たちの体にとって最も重要なものはタンパク質です。

タンパク質の英語名[protein]は、「第一の」を意味するギリシャ語[proteios]に由来し、「生体の構成単位として、また代謝物質として第一に重要な物質」として命名された経緯があります。

ふむふむ
タンパク質が重要なことはわかりました
では実際には一日にどのくらい摂れば良いのでしょうか?

一番わかりやすい指標は
ご自身の体重1kgあたり1〜1.5g/1日
[体重50kgの場合:1日50〜75g必要]

上記が一般的な基準になります。

あくまで基準なので、例えば成長期であったり妊娠中、高齢者、ハードなトレーニング期などは必要量がさらに増大します。

ところでタンパク質50gってどれくらいなんでしょう?

お豆腐で言うと、約1460g
スーパーのお豆腐1丁が大体300〜400gですから、1日で4丁!です。

ステーキで言うと約625g
ステーキレストランの1人前が大体200gですから、1日で3人前!です。

生卵で言うと、約420g
1個50gですから、1日で8個!です。

いかがでしょうか?
これだけの食事を毎日ちゃんとできるでしょうか?
一つの食品で必要量をカバーしようとすると、多くの量が必要になってしまいます。

きちんとした食事でも、意識しないと摂れているタンパク質はおよそ20〜30gと、1日の必要量の半分程度です。

ですので、足りない部分は市販のプロテインを上手に活用することも大事になってきます。

そしてタンパク質にも、動物性タンパク質(肉、魚、卵、乳製品)と植物性タンパク質(大豆、穀物、野菜)と言うふうに種類があります。

実は動物性タンパク質の方が、食品中に含まれているアミノ酸のバランスが優れています。
植物性タンパク質には特にメチオニンが少ないため、アミノ酸バランスが劣っていることを理解しておく必要があります。

動物性タンパク質を多く摂取するためには、基本的にはお肉やお魚といった食品からとるため、それらをしっかり咀嚼するための奥歯が必要不可欠になります。

奥歯を失ってしまうと、動物性タンパク質の摂取量が下がり、身体の筋肉量がみるみるうちに低下します。

フレイル、と言う要介護になる手前の、虚弱状態をさす言葉があります。

ある日、突然要介護になるわけではなく、段階的に弱っていく、その過程にあるのがフレイルなのですが、この状態で特筆すべきは、まだ健常な状態に戻れる段階であることです。

奥歯でしっかり咬むことで、必要なタンパク質摂取ができるようになります。

適切な食事と適度な運動を心掛け、健康寿命を伸ばしていきましょう。

2022.02.22
ARCHIVE